鎌倉days
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

春へと
ひと雨ごとに
桜の蕾がふくらんでいるよう。

毎日の洋服も軽くなって
ことしもそろそろ春を迎える準備
其処此処で…。

春は眠っていた生物が動き出す。

そんな期待をしながら
春にふっくら焼きあがるだろう
美味しいパンの種。
仕込み中。

サルタナレーズンとドライイチジクで。

瓶の中の春を待つ。


ベビーシッター
妹から2週間前くらいに電話が…

「幼稚園の役員で…うた〜を見ててもらいたいのだけどぅ。。」

「ちょうど休みだし大丈夫よ♪」

朝から二歳のうたちゃんと。

やんちゃ振りは心得ていて
覚悟していたら…

あれあれ!?
お母さんが居ないと
とっても大人しく聞きわけいいベビー♪




一緒におにぎり食べて
汽車ポッポしたり
魔女の宅急便みたり
パン屋さんまでお散歩したり…

連日ハードな勤務明けで
クタクタなはずなのに…?

無邪気な可愛さに
私のほうが癒されて
パワーもらった感じだよ。

「またいつでも預かるからね〜」

うーちゃん
素敵な休日ありがとう。。
3月9日
レミオの3月9日な季節。。

木の芽が
少しずつ芽吹き始めてきた気配。

朝日が昇る時刻と日が沈む時刻の変化。

空の青の変化。

寒い冬を乗り越えて
春に向かって少し早足で進みだすように。。

好きな花
ラナンキュラス。

花言葉「魅了的」

この花に憧れて
帰りに一輪。


春雷
今朝
突然の雷音に
びっくりして目が覚めた。。

春雷。

外はなま暖かく
小雨の中バス停まで歩く。

逗子に到着した時には
薄青白い春の空。

わかなぱん仲間の
エミさんとクッキー作り
手っ取り早く終わらせて
久しぶりに砂浜に降りる。




冬場は寒くて
海にも近づこうとしなかったけど
今日はポカポカ気持ちいい。

「ようやく春が来たね〜」

水面が太陽の光に反射して
目があけられないくらい眩しくて。

やっぱり海は気持ちがいい。

目を癒し
ココロを癒してくれる。

帰る途中
逗子駅周辺で春の可憐な花が咲いている
素敵な花屋さん見つけた♪



春の色した花たち。
元気をくれる。

今日の締めは
エミさん宅でお好み焼きパーティー



小さい春に乾杯♪




桃の節句
3月3日雛祭り。

仕事帰りに若宮通りのお店をのぞくと
今年もお役目を終えたお雛様。




帰りに妹家族宅にお呼ばれして
今年も恒例の
手作りちらし寿司とケーキをごちそうに。



桃の節句が来るたびに思うこと。

私たち姉妹にはお雛様なかった…ってこと。

なぜ?って
大人になってから疑問に思って
親を問い詰めたことがあった。

孫が多かったんよ…って
現実的な返答。

そっかぁ。。

5年前くらいに母に誘われて
故郷のお店でめいっこたちに贈る
雛人形を一緒に選んだ時のことを思い出す。

その静かに輝くお雛様を囲んで
今宵は素敵な雛祭り。









いいこと
なんか
いいことないかな〜…って

雨の日のパン屋にて。
今日は若宮通りのお店の売り子。

雨の日のまったりした午後。




きれいな女性が
白いドアを開けて入ってきた。

「いらっしゃいませ♪」

「…フルーツスティックありませんか?」

「ごめんなさい…売り切れてしまって…」

「あ…やっぱり、、人気ありますもんね〜。無いとき多い。。
私はフルーツスティックと
オリーブパンのファンなんですよ!」

「…ありがとうございます!!
実はその2種類のパン
私が考えたんです〜
こんなお声を直接頂けるなんて
とても嬉しいです。」

「すごい!!
このパン作り出したヒトに
会えるなんて〜♪
わたしのまわりの女性も
みんなこのパン好きですよ〜」

雨の日のパン屋ですごくいいことあった。








木のスツール
このベーカリーで勤めて約1年半。

窯の仕事はある意味
花形で。。

パンの成型から発酵具合、
窯入れのタイミング、
クープの入れかた、
焼き加減…を一様にこなす。

窯焼き職人の腕で
パンがいかに美味しくなるか
店頭で美しく見えるかにかかっている。

この重いスリップピールを
持ち上げるのも、
窯から引きだすのも、
最初は至難の技だったけど
コツをつかんだら案外
無理ではないんだと。。

パン屋は身体中の筋力を使う
大げさかもしれないけれど
とても過酷な仕事。


このベーカリーでの
窯入れの仕事もあと数回で卒業する。

だから今日はいいパンを焼こうと思った。


なのに…
朝からなんとなく体調が優れず
成型が終わり
9時からの窯入れ位から
かなり調子が悪くなり…

ついに風邪ひいたかも…
ドリンク剤飲みつつ…
だましだまし頑張る。

午後1時半
食パンを窯いれするころ
不調が限界に。

立つのも辛く…
木のスツールに腰掛けながら続けた。
今日のパンを最後まで焼き終えたかった

それは私の頑固なプライド。

だけど
ひとりで頑張らなくてもいいって
教えてくれた仲間たち。

みんながいたから
頑張れたのだと。。


もうすぐ皆とパンが作れなくなるんだなぁって考えると…


正直さみしいよ。

ほんとに素敵な仲間たちだから。

目指すものが同じ
夢と志しを持つ仲間たち。

ありがとう。





パンパーティー
私がパンとお料理準備するね♪

故郷の
大切な仲間たちと

良く食べ良く笑い。。

今日はワインなしだけど
気がついたら深夜1時すぎてた。

最近思うこと…

わたしのまわり

「大好きな人たちばかり」だってこと。

幸せだなって思う。



ヒトは誰かのために
なにかをしてあげられることに
喜びを感じられるんだって
また改めて感じた。

わたしにできることを
これからも続けよう、、











オムライス
火曜日は
ベーカリーも少しゆったりペースで
週末よりも半分以下の量のパンを作る。
翌日の定休日に向けての調整。

そんな朝は
少しだけ心も時間も余裕ができ

遊び心のあるパンを作ってしまう。

人気のふすまぱんは
成型自由。。
だから 大人も思わず微笑んでしまいそうな
愛嬌たっぷりアニマル♪



一番最初に完売御礼。。

今週は明日で7日連勤、、
背中の懲りのヒリヒリもごまかしつつ…

パンのキャンバスを洗い
裏に干していると
お隣から食欲そそる
懐かしのオムライスの匂い。

無性に…オムライス食べたくなって

メチャメチャ美味しいケチャップで
作ってみた。



自画自賛…
予想以上に美味しいオムライスに大満足♪

大人になっても
オムライスは永遠。

明日も元気。


ひとつだけの花
今日も1日よくがんばった〜。

そろそろ
部屋のお花をチェンジしようと…
閉店前の花屋さんに駆け込んで

一番最初に目に止まったお花。
花が何輪もついていて
少し予算オーバー。

次に目に止まったお花
ピンクが眩しく可愛い…

たった一本だけで…スミマセン。
このお花ください。

最初に迷ってたお花の
ポキッって折れた一輪
差し上げますよって。



花屋さんだけに
そんなさりげないサービス
にくいね〜

帰り道
自転車こぎつつ
SMAPの世界でひとつだけの花
歌って帰った。

たった157円一輪で
部屋が華やいだ。

お花屋さんありがとう♪